ゴルフが上手くなるイメージトレーニング

無料で0博士が初心者や女性に特に役立つゴルフ上達法を伝授 イメージを変えることでこれまでの練習法と違った成果がありますよ

久しぶりにみてください
スポンサーサイト
  1. 2017/10/19(木) 21:50:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「手打ちがダメ」って思ってませんか?

久し振りの更新です

少し前に一緒にラウンドした人を見て思ったことです


「かっこよく振って飛ばしたい」これは誰でもそう思うと思います。


これからゴルフを上達したい人はスイングを作るときに頭に入れておいてください

正しい手打ちができないとコースでは通用しません
(正しい手打ちとはおぼんのドリルの動きができていればOKです)

コースには傾斜があります

基本的にフルスイングできるのはTEEグランドだけです

ラウンド中は次の順でスイングを決めます



①手打ちで打つしかないか?  


②バランスを崩さない程度のふり幅のスイングならできるか?


③フルで打てるか?



ここにクラブ選択が絡むのでほとんどの場合②になります

①は傾斜のキツイ場所にあるとき選択されます

が・・・

①ができないと②もままなりません


③→②→①の順で普段考えて練習しているとピンチになったときボロボロと
スコアを落としてしまいます


普段の練習から①→②→③の順で備えましょう



例として
スイングは時計で3時~9時の幅から作ります

このときインパクトまで腰から下を完全に動かさない打ち方ができるようにします

次にインパクト以降(右利きなら)左足を軸に体の回転を入れていきます

さらに振り幅を調整してフルスイングに近づけます

その途中でクラブごとにスイングと距離のバランスを見ておくと良いでしょう

(フルなら7Iで150Yでも、このスイング幅なら何Y?という感じです)


コースデビューまでにできるようになりたい基本です



テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/11/17(土) 18:37:41|
  2. 基本編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ミッシーさんへ

諸事情によりメールの送信ができないのでこの場を使って回答させていただきます
(送信にパスワードがいるのに忘れちゃったんです)

目線の下にクラブを置いてそのラインから目線が外れなければ頭は多少左右に動いてもかまいません
最初のうちはしっかりと体重を移動することを意識したほうがいいのでむしろ動かした方が距離のでる
スイングを作るのにいいと思います

慣れてくるにしたがって度合いを小さくしてください

ただ、上下はしないように注意してください

頭を固定というのはクラブを背筋で吊るようにして構えることから
高さを変えないようにというのがそもそもの意味です

簡単に言うと顔の位置が変わらなければ回転はしても構わないということです

体の固い人が頭を固定してしまうとクラブが極端なアウトサイドに上がって
体のねじれを上手く作ることができなくなります。

初心者や年配の人に多く見られる現象です

ゴルフレッスンのなかには言葉だけが独り歩きして本当の意味がわからない
ということがかなりあるのであまりそのまま鵜呑みにしないほうがいいですよ



次にクラブの落下についてです

「クラブは落とすが、ヘッドは落とさない」前後の記事で紹介したことですが、
両方一緒に見につけるのがいいのでまとめて書きます

意外に思うかもしれませんが、コツはトップの位置から上半身を回転させる前に
グリップエンド側から引っ張りおろす意識です

両手の感覚を開けて握るスプリットハンドという練習方法と一緒に行うといいと思います
実際にボールを打ちながらではなく、素振りで振ることになれるのが簡単に飛距離を出す近道です

今回書いたことは表現は違いますが、ブログのどこかに書いてありますので、
探してみてください
  1. 2012/04/29(日) 18:44:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:1

ちょっと愚痴ってみました

ひさびさの更新です

・・・というのも、

私はとあるゴルフ場に転職して約3年になります

ゴルフが好きなのでどうしてもゴルフ関係の仕事をしたかったからです



しかし、ここ何ヶ月かで、ゴルフに対する情熱に陰りが・・・・



はっきり言って給料は安いです、業務終了後もプレーするヒマはあまりありません


ですが、そこは覚悟していたので苦になっていません




ただ・・・・

・・・・・・・・そのゴルフ場の管理責任者の考え方が大嫌いで、

他のコースでプレーしたり、試合に出ることでそのゴルフ場の従業員であることを知られるのが

怖い・・・練習場にも行きにくい(打っていると結構職業を尋ねられることが多いんです)





いくつも理由はあるのですが、どうしても許せないことがあります


それはお客様が少ないときには「バンカーを均さない」ということです

みなさんどう思います??

当ゴルフ場は県内でもプレーフィーが高めなことでしられており、(セルフで1万円くらい)

私が入社した当初も「一流のコースをめざす!!」と宣言していました


が、そういっていた張本人が「明日は客が少ないから手を抜いてもいい」


と、平気で言い放ち、それが他の人にも当然のことと認識するようになってきました



クラブハウスのトイレに行けば

「次の人のためにバンカーはきちんとプレーヤーが均しましょう」

などと張り紙がしてあります


???コースとしてお客様を受け入れる準備を怠っておきながら何を言っているの???

と思いませんか??

何人もお客様がいればマナーをあまり知らない人もいるでしょう

綺麗にしてあって初めてそれをプレーヤーが次の人にも保つというマナーが

発生するのであって、はじめから均してないものをなぜお客様が均さなければならないのか?

しかも、冬の間は朝砂が凍っているため前日均していなかったら

プロでも打つことはできない状態になってしまいます



プライドだけは超一流のキーパーですが、頭の中はド素人のドヘタクソ

芝を知っていても、お客様を迎える最低限の準備を平気で怠る姿を見ていると

クラブを握るのもイヤになってきました・・・・こんなとこでゴルフなんてしたくない



というわけで、私の今年の目標は・・・

転職すること・・・


そして情熱を取り戻してまたゴルフを始められたら・・・と思っています



ただ、このブログをみてスイングの質問などに対しては

しっかりお答えしていきますので、

質問、疑問、ご意見など、お寄せ頂けると更新の励みになりますので

遠慮なくお願いいたします

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/01/10(火) 00:23:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

ラウンド前のパッティンググリーンですること

みなさんパターで1メートル真っすぐ転がせますか?

いきなりですが、これはいいスコアでラウンドしたいなら最低条件です

距離が長くなるほどストロークの誤差は大きくなります

ですが、この距離を真っすぐに転がすことは自分ひとりでできるようになります


これができる前提で話します

これを実際にどう使うか?です


パターの上手い人はラインとタッチをあわせるのが上手い



では、どうやって合わせるか???


実際にはその人の感覚とイメージでしかありません


なので、準備段階の説明をします



今回はラウンド前の練習で考えることです

平らなところで真っすぐに1メートル打てるようになったら


この絵をイメージしてください

AとB

ボールからこの二つのポイントを等間隔にヘッドを動かしてストロークします

最初は一番気持ちよくストロークできる幅で転がします

リズムを一定にしてリラックスして行ってください



さて、何歩転がりましたか?


これがその日のあなたの基本になるタッチです


同じようにふり幅を変えて何種類か作ってください


あとは実際にコースでどれを選択するか?です

決してインパクトの強さで距離を打ち分けようとしないこと!!

あくまでもタッチはストロークの幅で調節しましょう


次にラインは・・・今度書きます・・・


テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/08/30(火) 18:15:28|
  2. 基本編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ