ゴルフが上手くなるイメージトレーニング

無料で0博士が初心者や女性に特に役立つゴルフ上達法を伝授 イメージを変えることでこれまでの練習法と違った成果がありますよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミッシーさんへ

諸事情によりメールの送信ができないのでこの場を使って回答させていただきます
(送信にパスワードがいるのに忘れちゃったんです)

目線の下にクラブを置いてそのラインから目線が外れなければ頭は多少左右に動いてもかまいません
最初のうちはしっかりと体重を移動することを意識したほうがいいのでむしろ動かした方が距離のでる
スイングを作るのにいいと思います

慣れてくるにしたがって度合いを小さくしてください

ただ、上下はしないように注意してください

頭を固定というのはクラブを背筋で吊るようにして構えることから
高さを変えないようにというのがそもそもの意味です

簡単に言うと顔の位置が変わらなければ回転はしても構わないということです

体の固い人が頭を固定してしまうとクラブが極端なアウトサイドに上がって
体のねじれを上手く作ることができなくなります。

初心者や年配の人に多く見られる現象です

ゴルフレッスンのなかには言葉だけが独り歩きして本当の意味がわからない
ということがかなりあるのであまりそのまま鵜呑みにしないほうがいいですよ



次にクラブの落下についてです

「クラブは落とすが、ヘッドは落とさない」前後の記事で紹介したことですが、
両方一緒に見につけるのがいいのでまとめて書きます

意外に思うかもしれませんが、コツはトップの位置から上半身を回転させる前に
グリップエンド側から引っ張りおろす意識です

両手の感覚を開けて握るスプリットハンドという練習方法と一緒に行うといいと思います
実際にボールを打ちながらではなく、素振りで振ることになれるのが簡単に飛距離を出す近道です

今回書いたことは表現は違いますが、ブログのどこかに書いてありますので、
探してみてください
スポンサーサイト
  1. 2012/04/29(日) 18:44:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:1

ちょっと愚痴ってみました

ひさびさの更新です

・・・というのも、

私はとあるゴルフ場に転職して約3年になります

ゴルフが好きなのでどうしてもゴルフ関係の仕事をしたかったからです



しかし、ここ何ヶ月かで、ゴルフに対する情熱に陰りが・・・・



はっきり言って給料は安いです、業務終了後もプレーするヒマはあまりありません


ですが、そこは覚悟していたので苦になっていません




ただ・・・・

・・・・・・・・そのゴルフ場の管理責任者の考え方が大嫌いで、

他のコースでプレーしたり、試合に出ることでそのゴルフ場の従業員であることを知られるのが

怖い・・・練習場にも行きにくい(打っていると結構職業を尋ねられることが多いんです)





いくつも理由はあるのですが、どうしても許せないことがあります


それはお客様が少ないときには「バンカーを均さない」ということです

みなさんどう思います??

当ゴルフ場は県内でもプレーフィーが高めなことでしられており、(セルフで1万円くらい)

私が入社した当初も「一流のコースをめざす!!」と宣言していました


が、そういっていた張本人が「明日は客が少ないから手を抜いてもいい」


と、平気で言い放ち、それが他の人にも当然のことと認識するようになってきました



クラブハウスのトイレに行けば

「次の人のためにバンカーはきちんとプレーヤーが均しましょう」

などと張り紙がしてあります


???コースとしてお客様を受け入れる準備を怠っておきながら何を言っているの???

と思いませんか??

何人もお客様がいればマナーをあまり知らない人もいるでしょう

綺麗にしてあって初めてそれをプレーヤーが次の人にも保つというマナーが

発生するのであって、はじめから均してないものをなぜお客様が均さなければならないのか?

しかも、冬の間は朝砂が凍っているため前日均していなかったら

プロでも打つことはできない状態になってしまいます



プライドだけは超一流のキーパーですが、頭の中はド素人のドヘタクソ

芝を知っていても、お客様を迎える最低限の準備を平気で怠る姿を見ていると

クラブを握るのもイヤになってきました・・・・こんなとこでゴルフなんてしたくない



というわけで、私の今年の目標は・・・

転職すること・・・


そして情熱を取り戻してまたゴルフを始められたら・・・と思っています



ただ、このブログをみてスイングの質問などに対しては

しっかりお答えしていきますので、

質問、疑問、ご意見など、お寄せ頂けると更新の励みになりますので

遠慮なくお願いいたします

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

  1. 2012/01/10(火) 00:23:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

今年も中国アマを見に行って来ました

今年も行って来ました・・・見に・・・

中国地方No1を決める大会!!


ゴルフ場 8295

舞台は東児が丘マリンヒルズゴルフクラブ
ゴルフ場 8304

そう、あの石川 遼プロがアマチュアでプロの大会で優勝したコースです!!!


競技委員の冷たい視線を尻目にコース内をパチリ!!

もちろん選手のいない後半ホールを中心に写真を撮りました

ゴルフ場 8306
これが遼くんのチップインしたバンカー????・・・かも・・・

ゴルフ場 8308

さすがにアマチュアの試合とはいえコンディションは最高!!

ゴルフ場 8311
かなりバンカーの多いコースです

グリーンは・・・できの悪いポテトチップのよう・・・
状態が最高なためかなり難しそうでした

そんな中、やはりここに出てくる選手は一味違ってました

応援に行った選手は初日途中ー7までいったものの
終わってみたらー4・・・

トップでしたが、一打差二打差に何人もいる混戦状態・・・

残りの3日の成績を気にしつつ会場を後にしました・・・


結果は見事日本アマ出場!!!
本戦で実力を爆発させて欲しいものです

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/06/10(金) 18:43:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

御質問ありがとうございます

おぼんのドリルについて質問があったのでお答えします

おぼん
これが私の言うお盆のドリルです

スイング中クラブの動きで一番意識して欲しいのが

ヒールからボールに向かってクラブをおろしていく

ということです

要するにインパクトはフェースを少しオープンで迎える意識が必要なのです

オープンで球を捕まえてその後のフェースの閉じ方で球を操る

特殊な技術を除いてはこの動きが基本になります

ただ、これはクラブの性能によって度合いはかわります

しかし、クラブの性能を生かす上で欠かせない動きになります

Bの写真の形ですが、一見窮屈そうに見えると思います

実際、この位置にくるまでに肩を回転させようとすると窮屈になります

トップの状態で作った肩の位置を変えずに写真の位置まで下ろしてみてください

腕を下ろしてくる空間がわかると思います

簡単に言うとトップから肩を回す前に腕を下ろす意識です

実際には右腰の前あたりでクラブが水平になると思います

それができるまでは極端なイメージの方がいいでしょう

インパクト以降ですが、ここまで極端に絞って振ると
一気に腕を返していかないと右に行くような気がすると思います

実際には大きくゆっくり返していくくらいで球は真っすぐに飛んでいきます
(クラブが体の正面にあるように意識してください)
いきなり大きなスイングで試すよりも、40Yくらいを狙って
腰の高さくらいのスイングから徐々に大きくしていくとわかりやすいと思います

フルスイングでは、フェースを真っすぐに動かそうとすればするほど
真っすぐなインパクトを向かえることはできません
クラブがなぜこの形になっているのか?その機能を知ることも練習かもしれません


テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/06/04(土) 16:50:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

グリップを強く握ると・・・

プロやシングルを目指して球を数多く打ってきた人ほど、
グリップに余計な力は入っていないと思います

一日に500球以上打っていると自然に握力も無くなってきて
ソフトにしか握れなくなってしまいます
しかもその方がクラブを自然にコントロールすることが出来る
スイングで球を捉えて飛ばすことが何より重要だと言うことを
体が知っているからです

しかし、一般の人がこれをするのは大変です
なので、「どこまで力を抜いて打てるかを知っておく」
という作業が必要なことは以前記事で説明しました



今回は弊害についてですが、
昔はタメつくるために手首をソフトに使う必要がありましたが

ノーコックでも球を飛ばせるほど進化した昨今の
クラブでは以前ほどあれこれ考える必要はないかもしれません

ただ、グリップに力を入れすぎた状態は
少ない力でヘッドに余計な動きを与えてしまう
ということだけは頭に入れておいたほうがいいでしょう

これはその人のクラブの使い方による支点力点の位置によって
変わってきます

グリップに力を入れるほど支点がヘッド側になるので
少しの力みでヘッドの向きが変わってしまします

逆に、最近のクラブはスイングさえ正しければ
力を入れていても大差の無い飛距離を得ることができます

ですが、力を入れすぎると疲れてしまいますので
ラウンドの前半と後半で球が変わったりもします

1ラウンド継続できる力加減がグリップにもスイングにも
重要になるということです



テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

  1. 2010/09/29(水) 12:50:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ