ゴルフが上手くなるイメージトレーニング

無料で0博士が初心者や女性に特に役立つゴルフ上達法を伝授 イメージを変えることでこれまでの練習法と違った成果がありますよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

御質問ありがとうございます

おぼんのドリルについて質問があったのでお答えします

おぼん
これが私の言うお盆のドリルです

スイング中クラブの動きで一番意識して欲しいのが

ヒールからボールに向かってクラブをおろしていく

ということです

要するにインパクトはフェースを少しオープンで迎える意識が必要なのです

オープンで球を捕まえてその後のフェースの閉じ方で球を操る

特殊な技術を除いてはこの動きが基本になります

ただ、これはクラブの性能によって度合いはかわります

しかし、クラブの性能を生かす上で欠かせない動きになります

Bの写真の形ですが、一見窮屈そうに見えると思います

実際、この位置にくるまでに肩を回転させようとすると窮屈になります

トップの状態で作った肩の位置を変えずに写真の位置まで下ろしてみてください

腕を下ろしてくる空間がわかると思います

簡単に言うとトップから肩を回す前に腕を下ろす意識です

実際には右腰の前あたりでクラブが水平になると思います

それができるまでは極端なイメージの方がいいでしょう

インパクト以降ですが、ここまで極端に絞って振ると
一気に腕を返していかないと右に行くような気がすると思います

実際には大きくゆっくり返していくくらいで球は真っすぐに飛んでいきます
(クラブが体の正面にあるように意識してください)
いきなり大きなスイングで試すよりも、40Yくらいを狙って
腰の高さくらいのスイングから徐々に大きくしていくとわかりやすいと思います

フルスイングでは、フェースを真っすぐに動かそうとすればするほど
真っすぐなインパクトを向かえることはできません
クラブがなぜこの形になっているのか?その機能を知ることも練習かもしれません


テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/06/04(土) 16:50:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

飛ばしたかったら○○に乗ってみよう

もっと飛ばしたい!!

誰でもそう思うと思います


特に飛ばせない人にとっては・・・・


多くの人は実は知ってるんです・・その感覚を・・・


トレーニングによって力でスピードを上げる方法もあります



ですが、その前に自分の今の最大飛距離を知ってみましょう

飛ばしたかったら○○に乗ってみよう

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/05/17(火) 17:16:35|
  2. 一言レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイアンとドライバーのスイングの違い?

久し振りの更新です

この間遊びに来てくださった方・・・すみませんでした


さて、

 ドライバーは打てるのにアイアンになると打てない・・・

 特にコースに出ると・・・

こういう話は良く耳にします

さて、何が違うか???

いろいろ理由はあります

なので、思いつくことを書きます

その中で参考になることがあるといいのですが・・・ アイアンとドライバーのスイングの違い?

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/05/03(火) 19:01:36|
  2. 一言レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

パターの転がりがよくなった理由

みなさん少なからず経験があると思いますが、

ゴルフは少しイメージを変えただけで球筋がガラリと変わることがあります

そのヒントになればいいと思ってこのブログをはじめたのですが・・・

今回の記事は私のまさにその
ちょっとイメージを変えたらよくなった

を紹介します

中古ショップを散策していたときに中尺のパターを見つけました

といっても、普通のものより少し長い程度のものです

いろいろみましたが、今回購入したパターは
すごく素直に振り子のようにヘッドが動くので購入してみました
(パターによってはすごく癖のあるものも多く、中尺ならばよいわけではありません)


パターは振り子のようにストロークする

というのは聞いた事がある人も多いはず

さて、どう変わったか??

が、下の写真です


グリップエンドの高さで支点の位置を確認すると青い線の違いが出てきます

普通の長さだと支点の位置はグリップとおへその間の空間だったものが

おへその少し下になりました



明確に支点をイメージすることでストロークの中の
無駄な動きが体感できた



これを普通の長さでやってみるとすごくヘッドが自然にでていく・・・

言い換えると今までよりシャフトがしなって戻る動きを邪魔することなく
打てるようになってきたのです


試してみたい方はグリップエンドに箸のようなものを
突き刺して打ってみると体感できるかもしれません

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/03/18(金) 19:50:11|
  2. 一言レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

トップで止まるイメージで打ってみましょう

以前テイクバックで一番重要なことは

トップでシャフトに余計なねじれが無いポジションにもっていく

と言うことは説明しました

が、・・・


自分でねじれているかどうかチェックするのは難しいと思います

そこで、一度下の写真の位置で止まってから打ってみましょう

ゴルフ場 0441

藤田プロののようなイメージです

ねじれが無ければ、意外と普通に打つことができます


上手く打てない人は

トップで一度止まってからダウンに入るときに
腕をしっかり振ることに意識を集中します


腕をしっかり大きく振れば勝手に肩は回ります
ダウンスイング開始と同時に肩の回転を意識すると
アウトからヘッドが降りてきやすくなるとともに、
ヘッドを加速させにくくなってしまいます

腕が加速してそこに肩の回転をプラスすることで
ヘッドはさらに加速していくことも体感できるとおもいます

いくら早く振れても切り返しでシャフトがあらぬ方向にねじれると
球は曲がりやすくなってきます

トップでほんの一瞬止まるイメージを持つだけで
違いがわかると思います
慣れないとなかなか思うように打てないでしょうが、
一度試してみてください

テーマ:ゴルフ - ジャンル:スポーツ

  1. 2011/03/13(日) 19:05:36|
  2. 一言レッスン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ